kmmkの雑種系日記

学習まとめです。

期限が10日以内の値を赤く表示する [Vue.js]

はじめに

朝4時近くにこんなツイートした自分

とりあえず書いてみる

最初のやり方は、if文の際に毎回、today.setDate(today.getDate() + 10)を書いてしまい、ループするたびに現在日時が増えて差異が生じた。

最初に現在日時の+10日の値を定義しておいてそれと比較するようにした。

isDeadLineのture or falseでcssをつけようとしていた

html

<span v-bind:class="{'style':isDeadLine}">{{item.created_at}}</span>

script

data:function() {
     return {
         showModal: false,
         qiitaPosts:[],
         isDeadLine:false
     }
 },
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

//今日から10日後の日付
const today = new Date()
today.setDate(today.getDate() + 10)

for(const item of this.qiitaPosts){
    if(new Date(item.created_at) <= today){
        this.isDeadLine = true
    }
}
span.style{
    color:red
}

はじめにこのコードで試すと、CSSが全要素に反映されてしまう。

1つ条件に引っかかれば、全部のリストが赤く染まることになる。。。。。。

改善

改善した点は

  • 複数のレイアウトにCSSが反映されたい→配列を作成
  • 配列に値が入ってる = レイアウトを変更(includesで探す)
  • 的中すると、styleクラスのレイアウトが反映されて赤く色がつく

html

<ul>
    <li v-for="(item,index) in array" :key="index">
        <span class=”dan2″ v-bind:class="{'style':selectedItem.includes(item.id)}">{{item.created_at}}</span>
    </li>
</ul>

script

qiitaPosts:[], //api_box
selectedItem:[] //specific_css_box

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
this.selectedItem = []; //初期化

for(const item of this.qiitaPosts){
    if(new Date(item.created_at) <= today){
        this.selectedItem.push(item.id)
    }
}

まとめ

複数の要素にCSSを反映させたい場合は、配列にユニークな値をいれて判定させるのがいいと思った。