kmmkの雑種系日記

学習まとめです。

LaravelでAPI開発している際にCORSのエラーが出た時の対処法

CORSの設定ができるライブラリがあるのでそれを入れる

$ composer require barryvdh/laravel-cors

app/Http/Kernel.phpに以下を追加

<?php

protected $middleware = [
 :
     \Illuminate\Foundation\Http\Middleware\ConvertEmptyStringsToNull::class,
     \Barryvdh\Cors\HandleCors::class, // 追加
];

設定ファイルを作成

$ php artisan vendor:publish --provider="Barryvdh\Cors\ServiceProvider"

作成されたファイル(config配下にcors.phpというファイルが作成される)

 <?php
return [ 
    'supportsCredentials' => false,
    'allowedOrigins' => ['*'],
    'allowedOriginsPatterns' => [],
    'allowedHeaders' => ['*'],
    'allowedMethods' => ['*'],
    'exposedHeaders' => [],
    'maxAge' => 0,
];