死ぬほど悩む

最近悩んでます。自分は何がしたいのか。

大学1年生(19歳)の頃に「最低限ITの知識は知っておいた方が良い」「ハッカーかっこいい」「ノマドへの憧れ」などからプログラミングを独学で始め、3年が経って今は22歳です。

結果「簡易的なWebアプリケーションなら一人で作れます」という程度なのでかなり成長が遅い方だと思います。

そんな中で「自分は何をしたいのか?」という疑問に答えられないのが現実です。

それが故にプログラミング自体大好きだけど、漠然とした将来に対する不安が毎日襲ってきます。 それは「35歳定年説」も多少は関係しているなぁと感じています。プログラミングは楽しいですが、人を管理するのが楽しいかと言われるとそこまで楽しくないです。(人のモチベーションを維持するのは大好き)そこでずば抜けてプログラミングの才能があるわけでもないのでプログラマだけで生きていくには厳しいだろうと思いかなり悩んでいます。

でも正直まだ答えがでない気がします

根拠はないですが、一度小さな成功体験を積み重ねを繰り返せば新しい視点が手に入るような気もするので一旦直近の目標として今作っている書籍管理アプリを完成させます!

出来上がり次第、公開しようと思いますのでお楽しみに!